ヘルペスに感染してしまい思い悩む人

ヘルペスの感染とその対処方法

ヘルペスはウィルスに感染して発症する病気になり、一度発症するとウィルスは体内に残るタイプが多いので感染した場合は再発させないように食生活に気をつける必要があります。
まずは感染したウィルスのタイプを確認するために医者の受診をお勧めします。
口内に発症したヘルペスは口内炎と間違いやすいので注意が必要になります。
患部が水ぶくれになったらヘルペスと思われますので、3歳児までの子供が居る家族では子供は感染しやすいのです。
口などの肌が薄い場所には触れないで症状が消えるまでは我慢することが大切です。
病院では抗ウィルス剤や抗生物質、鎮痛剤などが処方されるので症状が消えるか、医師が不要と判断するまでは飲み続ける必要があります。
重症化している場合は点滴する場合があり時間が必要となります。
基本的に内服薬になりますが、外用薬を患部に塗る場合もあります。
かさぶたが落ちたら一応は治ったことになるので、次は再発防止に努めることが大事になります。
疲労が重なって免疫力が落ちた場合や風邪を発症した場合などにヘルペスも再発する可能性が増えます。

なので、体調管理に注意する必要があります。
食事に気をつけるや十分な睡眠をとる、可能な限り生活リズムを整えるなど、この3点だけ注意していてもヘルペスの再発防止となります。
また定期的に休憩や休息時間を設けて精神的にリフレッシュする時間があると最も再発防止になります。
食事に関しては感染しても食事のバランスが良いものに変えただけで早期回復することもあります。
リジンと言う必須アミノ酸が多い食事を食べると良いです。
女性の方なら定期的にヨーグルトを摂取するだけでも違ってきます。
蕎麦アレルギーがない方はお蕎麦が最もリジンを摂取できるのでお勧めです。

ヘルペスの感染経路と注意点

ヘルペスはどのように感染するのでしょうか。 ほとんどは接触することによって感染します。 ヘルペスになると水ぶくれになることがありますがこの時期はかなり沢山の菌を放出しているので、感染力は非常に高くなっています。
もしもく唇にヘルペスのできている人にキスをしてしまいますと自分の唇に菌が付着し、免疫力が低下したり肌荒れしている時期ですといとも簡単に感染してしまいます。
あと感染力は弱まりますが精液や唾液や粘液などにも菌が含まれておりこちらから感染することもあります。
パートナーとのオーラルセックスやディープキスなどでも感染することもあるのです。
一度感染してしまいますと再発することがあり、かなり痛みを生じるため予防することが大事です。
まず菌に接触しても感染しないように体の免疫力をアップするのがいいでしょう。
不規則な生活をしている方はしっかりと睡眠をとり疲れを癒してください、疲れていると免疫力が下がり菌への抵抗力も弱まります。
そしてストレスをためないことも大事で、ストレスは免疫力を下げてしまいます
紫外線に当たらないようにサングラスをかける女性 普段ストレスの多い仕事をしている方はリフレッシュのために没頭できる趣味をみつけるのもいいでしょう。

紫外線に当たらないようにすることも大事です、夏場でしたら帽子やサングラスや日傘で紫外線を避けましょう。
日光浴をする場合も時間を決めてください。
あとリップクリームをつけるなどして唇の保湿をすることも大事です。
ただこの時に気をつけることがあります、リップクリームは決して他の人と共有しないでください。
一緒に使っている人がヘルペスにかかっていると感染する恐れがあります。
パートナーのいる方は唇にぶつぶつが無いかどうかを普段から確かめておくことも大事です。
これで感染のリスクを下げられます。

ヘルペスを治療するにはバルトレックス

バルトレックスの効果は簡単に説明するとヘルペスに感染した場合に症状を抑える働きがあります
例えば、口唇ヘルペスや性器ヘルペス、それに水ぼうそうなどの病気がヘルペスウイルスに感染する事で発症する病気であり、これらの病気に対して効果があるのです。
バルトレックは薬価が高いという方はヘルペス治療に有効なゾビラックスでも治療を行うことが可能となっています。
ゾビラックスはアシクロビルという成分を含んでおり、バルトレックスと同様にヘルペスウイルス感染症の治療薬として広く使われています。
ただし、効果があるとはいっても服用したらウイルスを薬の成分が直接退治してくれる訳ではないです。
それではどうやって病気に対して作用するのか説明をします。
ウイルスというのは人の細胞内に侵入した上で自分をコピーして増殖していくのですが、バルトレックスの場合はウイルスを直接破壊するというのではなくてコピーして増殖するのを抑える働きがあるのです。
つまり、ヘルペスウイルスに感染して初期の症状の内に服用すれば増殖を抑えられ、症状の悪化を防いだ上で治るまでの期間を短くする事が出来るのです。
見方を変えると服用するのが遅くなればなる程ウイルスの増殖がどんどん進んでいってしまうので、ピークを迎える頃に服用したとしてもほとんど効果が現れないという事になります。
そのために症状が出てきたら早めに服用する事が大事になります。
また、服用する時間帯ですがバルトレックスは食事による影響は受けないようになっています。
ですので食事の前や食事の後でも服用可能になっていますが、飲み忘れや胃の負担を考えると食後のほうが好ましいでしょう。

ヘルペスは一度感染すると症状が収まっても完治する事はなく、ウイルスを完全には体外に追い出す事は出来ないです。
そのために身体の抵抗力が弱っている時には再び発症する事もあるので、それに備えて予防目的でバルトレックスを服用する場合もあります。
ただ、ヘルペスの再発予防や再発した時に備えて常備しておく場合は一部を除いて保険が適用されないため、費用がかなり高額になる事もあります。
そのために中には安く手に入れられる海外からの個人輸入でバルトレックスのジェネリックを購入する人もいます。

性病(性感染症)情報

性行為なしでも発症する!?カンジダという怖い感染症について
カンジダ症は女性がなりやすい感染症

再発を繰り返す厄介な性病、性器ヘルペスについて
ヘルペスウイルスがうつるのは主に性行為が原因